人間のスキンケア機能の一つの排出機能の働きで大人ニキビを治す

otonanikibi05人間にはその体自体に自己修復能力が備わっています。
怪我も傷も軽いものであれば、時間たてば放っておいても治ってしまいます。
肌もまた同じです。
人間のスキンケア機能によって色々な肌トラブルから肌を守ってくれています。
その肌トラブルの一つに大人ニキビが有ります。
大人ニキビは思春期のニキビとは原因が異なります。
思春期の若者は男女の成長過程においてホルモンバランスが変化することで皮脂が多く分泌されてニキビができ安くなります。
しかし、大人の場合は、成長過程のホルモンバランスは整っていますので、主な原因はストレスや不規則な生活で皮脂が多く分泌されニキビが出来やすくなります。
ちなみにニキビは過剰な皮脂を餌にアクネ菌が繁殖して発生します。
大人の場合、人間のスキンケア機能は若いときよりはだんだん衰えてきています。
肌の新陳代謝を促すコラーゲンや細胞の血液循環も低下してきます。
すると、肌の老廃物が出来やすくなります。
また肌の老廃物であり、ニキビの原料ともなる、古い角質や皮脂よごれなどを外部へ捨てる肌の排出機能も低下します。
この肌の排出機能を活発化させるために、肌のケアでカバーしてあげる事が重要になってきます。
肌のケアと言っても基本はやさしい洗顔による余分な皮脂の除去と保湿による肌の新陳代謝の促進、つまり肌のターンオーバーを促進する事です。
そして肌細胞を活性化させ新しく入れ替える事で大人ニキビを治すことが出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ